So-net無料ブログ作成

教員のSOS [教育]

東京都が、教員不足で地方から教員のなり手を募るためのバスツアーを行った様子をNHKニュースで報じていた。その様子はあまりもばかげて見えた。なぜ教員が足りなくなるのかということには全く触れず、団塊世代が退職するから、など理由にもならないことを言っていた。問題意識のない報道というのは見苦しい。バスツアーに乗り込んでいる若者があわれにも感じられた。
医師が足りない、介護士が足りない、教員が足りない・・と何度も何度も報道されているが、足りなくなった責任を問われるのは誰か、という点がすっぽり抜けているのはわざとだろうか。

毎日新聞でしばらく前に『先生〜生徒指導は今』というシリーズで公立小中学校の教員が直面している問題を連載していた。学校の荒れ、疲弊する教員、重圧に押しつぶされる教員の姿がかなり正確に誠実に報道されてた。心折れ定年前に辞めていく教員、自殺に追い込まれた新任教員のことなど、深刻な内容だった。
2月24日の「記者の目」はこのシリーズを担当した三木陽介氏の記事だった。
「教育取材担当になって以来、学校に足を運ぶたびに生徒指導に疲弊している先生達の姿を目の当たりにして、このままでいいのかと思っていた。先生が一人で対処する容量をはるかに超えているのに、そうした実態が学校の外に伝わっていないとも強く感じた。それが今回の連載をしようと思ったきっかけだ。」と三木氏は述べている。
その「記者の目」の中で「文科省の調査では教員の一日の平均勤務時間は10時間36分。このうち休憩はわずか14分」「先生達はもっとSOSを発信するべきだ」とあったが、今の学校は、市町村の教育委員会の姿勢や地域性で、その雰囲気は少しづつ異なるが、教員の忙しさがこの10年で以前に比べ数倍にもなったことだけは大げさではなく確かな事実だ。

さて、学校の教員は誰に対してSOS発信ができるのだろう。生徒の保護者だろうか。一般の人だろうか。政治家? 教育委員会?
無念なことに教員のSOSを受け止めてくれる場はないのである。公務員で一応身分も保障され、給料もある程度もらっている、となれば、他の誰が教員の悩みに耳を貸すだろう。(給料について言えば、30代で子供が2人いると生活保護の対象になる位のものだが)

私の知っている中学校ではこの3月に50代の教員が3人も(全校たった20人の教員のうちで)早期退職をするという。「もうこれ以上は耐えられない」と言う。3人ともベテランの教員である。
こんな先生に子供をまかせるなら安心、と思うような人達である。退職後、皆この不況時に新たに職探しをしなければならないのだが、それでもこのままでは心身が持たないと、退職の道を選んだのである。

教師集団という言葉があるが、今のような忙しさの中では教員は会話する時間もなく、孤立して一日に百数十人の生徒と向き合わなければならない。ベテランの教師でも、ふっと気付いたら「ご飯と味噌汁の味がわからなくなっていた」という事が起こりうる。真面目に生徒と向き合おうとする人ほど当然無理を積み重ねるから心が折れてしまう。
新任教員に至っては、相談したくとも相談する相手がいず(それぞれが忙しく話しをする暇がないせいで)、本当に気の毒というほかはない。希望に燃えて教員試験を受け、見事合格しても絶望の淵に立たされる新任は多い。繊細な心や自責の心を持った真面目な人ほど、絶望感も大きいだろう。

これでは教員のなり手がいないのも当然のことだ。新任もベテランも辞めていくのだから。
なぜ辞める教員が多いのか、そうならないためにどうすればいいか、という問題を全く棚上げして、「東京の学校見物ツアー」などというばかげたことを得意げに企画し、それを喜んでNHKが報道している。「学校ツアー」で一体何を見るのだろう。建物?それとも児童、生徒の様子? 
(東京都では教員は職員会議で意思表示の挙手、採決をしてはいけないということもちゃんと説明しただろうか?)

学校に関してはあまりにいろいろな話題が好き放題に報道されるため、一番深刻な問題の焦点はいつもベールにつつまれている。授業は増やしても教員数は増やさず、教員を忙殺させ追いつめている。臨時教職員という身分を新たにつくり出し教員希望者を安上がりに使っている。そのくせ、予算をさいて現場に不用な、授業をやらない管理職(副校長、主幹)を置いた。免許更新制度を作り、これ以上余裕のない教職員を意味のない研修に無理矢理に参加させる。不毛で有害な学力テストで金と労力を無駄遣いした。

教員の疲弊は教育の疲弊につながる。そして十分にていねいな教育を受けられなかった子供が大人になって理不尽な行動を取ると、「モンスターペアレント」などという下品な言葉を投げつける。(「モンスターペアレントの対策」などという研修もあるそうだから、いかに文科省のレベルが低いかよくわかる。)これほどまでに教育が踏みつけにされるとは想像もできなかった。
こういう教育界に見切りをつけ逃げ出す先生達に、これ以上「がんばってほしい」とは言えないのである。
nice!(3)  コメント(14) 

nice! 3

コメント 14

shira

 私は登校が困難になった生徒には「命を削ってまで学校に来る必要はない」とよく言います。これは教員もそうです。命を削ってまで働く必要はないです。
 ただ、ここで生計を立てるという大問題が発生します。家族がいるとなおさらで、こういうときに<自殺>ってのが甘〜い香りを放ちながら近寄ってくるんですわ。
 日本は年3万人が自殺する自殺大国です。その最大の理由はゼニです。パオロ・マッツァリーノは「日本は自殺へのインセンティブが強い社会」と皮肉ってましたが、反論できませんわね。

 くだんのNHKニュースは私も見ましたが、その時すぐ私が考えたのは、東京の現職教員対象の
 <こんな不自由もうイヤだ 東京以外で働くことを考える教員のための他道府県学校現場視察のための「脱東京亡命教員ツアー」>
 ウケると思いますけどねえ。46道府県合同で企画しませんか?
by shira (2009-02-28 22:53) 

tamara

shairaさん、生計を立てるというのは本当に大変なことですね。退職を決意した人以外の方も、本当はすぐにでも辞めたいのだけど、家族にあと数年がんばってほしいと懇願されて我慢している人がたくさんいます。無理がたたって病休に入る教員も多いですね。辞めることにした人曰く、「ほんのもうちょっと時間的余裕があったらまだ続けられた」と。
50代で辞める人が多いのは、これまでがんばってきてもう限界、心身がボロボロになって、人生はほとんど残されていない、という絶望感が大きいと思います。(60才前後で亡くなる教員は多いのです)
さてこの教員の忙しさは日本全国くまなくそうなっているのだと思いますが、過疎地で生徒数が極端に少ない所では別の意味でゆとりがあるのでしょうか。こういう場所への「教員亡命ツアー」はいいかもしれませんね。

by tamara (2009-03-01 12:39) 

jmh

群馬では年度末退職者の4割以上が若年退職という状況になっているようです。そしてその割合は年々増えているといいます。いかに学校現場の過酷さが増しているかをあらわしています。
ほんとうに「教員のSOSを受け止める場がない」現実ですね。社会と家庭でも果たされるべき教育という仕事が、すべて学校に持ち込まれる現実をなんとかしなければと思うのですが、そのためには「教育の目的・役割」へのコンセンサスの確立が不可欠だと思います。道は遠いですね。
by jmh (2009-03-05 23:06) 

tamara

jmhさん、埼玉県でも数年前から、教員の退職者数が県教委の見込みを大きく超える現象が始まっていて、その不足を臨時採用者で補うという図式になっています。これは全国的な傾向ですね。そして正規職員を採用しないため臨時採用の職員がひっぱりだこというおかしなことも起きているのです。行政は公務員の退職は大歓迎するものの、退職後に臨時職員として働いてもらいたがるのです。あきれ果てます。
どういう仕事であれ、困難に陥ったときそれを訴える場がないという事が、今の日本の最悪の問題であると感じます。
by tamara (2009-03-07 00:11) 

mai

本当に日本の学校はどうなってしまうのでしょう。きのくに子どもの村学園長の堀真一郎さんは、最近刊行したブックレットのなかで、先生という仕事についてこう書いています。

「子どもにとって楽しい学校は、教員にとっても楽しい学校でなくてはならない。教員にとっていちばん大きな喜び、それは教材や教え方を自分、あるいは自分たちで工夫し、子どもたちと共に自分も成長する喜びであろう。現状では教員はあまりに忙しく、そして不自由である。そして笑顔が少ない。子どもの顔にも大人の顔にも自然に笑みがこぼれる学校、それが両者が共に成長している学校なのだ」。

日本の一般的な学校では楽しいということが(特に先生方が感じることが)封印されているのではないでしょうか。

「困難に陥ったときそれを訴える場がない」・・・私も以前、そういう
立場にいましたので実感します。激務とストレスで心身が不調になっても誰にも言えない。そのころは自分個人の資質の問題が大きいだろうと必死で我慢していました。同僚の女性二人はおそらく過労から結核を発症しましたが、それも「個人の問題」として処理されてしまいました(今ならばもう少しことが大きくなるかもしれませんが)。

そういう社会が何とか少しでも変わればと思うのですが、道の遠さを考えるとクラクラします。

モンスター○○という言葉は私も大嫌いです。現場にいても常識的な人が大多数です。ごくわずかな人たちをそういうふうに名付け、庶民同士を反目させて得するのは権力側だけです。
by mai (2009-03-07 21:16) 

tamara

maiさん、退職される方が語っていました。「生徒と一緒に楽しむということがなくなった。一日一度も笑っていないことが多くなった。」と。
あまりの忙しさで処理すべき仕事の算段だけをひっきりなしに考えている状態では、子供ときちんとゆっくり向き合うことなどできるはずもありません。これではもはや教育とも言えませんね。
テレビや新聞で、医療、介護、教育などの問題がだいぶ取り上げられるようになってきてますが、報道されたからと言ってすぐに改善されるものは何一つありません。困難と一人で立ち向かわなければならない状況は変わっていません。
人々は時間を奪われているため、不服を申し立てたり、他の人と協力・団結したりすることもできないのです。
本当に「道は遠い」ですね。というよりどんどん遠くなっていると感じています。
by tamara (2009-03-07 23:03) 

mai

tamaraさん
>本当に「道は遠い」ですね。というよりどんどん遠くなっていると感じています。

私の感じる虚しさをとても的確に表してくださっていて、なるほど!と膝を打ちました。道は遠くても歩みはゆっくりでも、その方向に向いていれば希望を持てると思います。光とは反対を向いて進んでいて、「改革」のたびにその速度を増しているから、これほどやるせなさを感じるのでしょうね。tamaraさんの言葉で改めて気づきました。ありがとうございます。
by mai (2009-03-09 09:24) 

tamara

maiさん、「私たちが望む方向とは反対向きに進んでいる」、これがつらいけど「現実」だと感じています。そして未来の社会の担い手は他ならぬ今の教育を受けている子ども達であることを考えれば、少なくとも10年や20年は何も良くならないだろうと思います。
10年って現実に生きている者にとっては絶望的長さですよね。そんなに辛抱したくないです。これを乗り切って生きていくためには「心の持ちよう」にすがるしかないようで、そのことがまた「虚しさ」を生みますねぇ。
by tamara (2009-03-09 22:42) 

tomiさん

わたしも中学校教員の若年退職者です。同僚が自殺して、あるいは、胃がんで立て続けに亡くなったりして、今度は自分の番ではないかと思いました。校長は、朝会で、「毎日、激務のことと思いますが、感謝しています。」とも言ってましたが、本当にしんどい毎日でした。仕事はいいかげんにはできないけれど、ある程度要領よくやらないと、自分の命を縮めてしまいます。死んでから退職金もらっても割りに合いませんから。仕事を一人で抱え込まず、手をぬくことも長続きする健康への秘訣かもしれません。しかし、教育現場は、私のような小心者にとってはちょっと生きづらい世界であったのかもしれません。
by tomiさん (2010-06-04 14:03) 

tamara

tomiさん、コメントありがとうございます。
本当に教員は厳しい状況で激務をこなしています。自殺に追い込まれたり、病気になったり、という話を聞く度に胸が痛みます。真面目さや誠意だのがまったく通用しない職場もあります。教員の置かれている不条理な境遇に冷静に目を向けることが大事なのですが、実際はそんな余裕もないでしょう。助け合える仲間が2,3人でもいないと務まるような仕事ではありません。労働基準法や働く人の尊厳をどこかに捨て去ってしまったような社会が一番の問題ですね。
by tamara (2010-06-04 21:30) 

fujita

有名評論家の○○ママが、ある事件で、学校の責任、担任の責任を強烈に批判していたテレビ番組を見ました。現場に一度もでたこともない、あるいは、現場で経験したという期間もない評論家が、もっともらしい弁をたれていた。これがこの日本の実体。いじめと同じ構造。いじめの側は、自分に被害が及ばない立場の状況で相手を批判する。立場を利用した攻撃で、えてしてこういったえせ評論家がいじめのは絶対いけないという急先鋒に立つ。日本の教育の大問題は、他の分野と違って、教育現場で優秀だから学者・評論家・指導者になるわけではないのです。その手に人間は、現場に出るの嫌か無能であることがわかるのを恐れるからか、現場にいきたがらない。ひたすら本とか抽象論で自己満足に陥るだけなのです。この間違ったことを本人がわからずにままことしやかに学生等に教えているのが日本の悲劇なのです。本人はまっとうな理屈をこねていますが、実は詐欺師なんです。
by fujita (2016-03-21 20:48) 

planet

学校の用務員や給食の調理員は大抵非正規ですが、
どこの県でも、正規の職員として採用している者がいます。
その正規の職員である用務員や調理員は、公務員ですから
高給取りです。
仕事は、草むしりか清掃かでアルバイトかなんかで時給800円でも
喜んでする仕事しかありません。
それと公務員ですから、残業も無くて週休二日制
おまけにバカ高い退職金。

これほど恵まれた職業があるのだろうか。
教員になるよりも学校の用務員(但し、正規の職員)のほうが高待遇、
教員で働くよりも学校の調理員(但し、正規の職員)になった方がよいのでないかと思うくらいです。
それから障害児学校には、遠くからの児童・生徒のために寄宿舎が用意されており、寄宿舎の教員は、日中児童・生徒は学校に行っているためすることがない状態。
実働は児童・生徒が寄宿舎に戻ってきてから夕方5時くらいで、後は当番制で何人かが寄宿舎にお泊りする程度で、福祉施設で働いている介護職が聞いたらびっくりする位の好待遇です。
まさしく暇でしょうがない職場で、それと公務員ですから、残業も無くて週休二日制おまけにバカ高い退職金。民間人が聞いたら、唖然とするし、中の職員はそれがわかっていますから、
障害児を扱っているから大変、大変といっていますが、実態は真逆で、実態を知られたらまずいので黙っている状態です。
by planet (2016-03-23 22:29) 

お名前(必須)

現職の教員ですが、無理して仕事をばりばりこなす教員は翌年、たくさんの公務を背負わされます。だからといって、有能でない教員にもそれなりの理由がある。上記のことをやった結果、馬鹿らしくなって働かなくなったり精神病んで、管理職の配慮で公務を少なくする。いずれにしてもお先真っ暗です。
子供は可愛いものですが、こっちに笑顔を作る元気がない。実際管理職になる人たちはサイコパス的な人が多いです。人間味のある温かい人は非常に少ない。現在51歳ですが、3人しかいませんでした。尾木ママは馬鹿です。怒りのあまり伏せませんが・・・。警察官や自衛艦にも当てはまりますが、嫌われたり偏見の目で見られる。でも世間からは守られていいよね・・・としか思われない。笑顔で働いている教員なんてほとんどいません。子供にいきたかたを教える立場の人間が疲弊しきって年中イライラと自殺念慮に苦しんでいる。
先進国の中で一番教育予算を削っている日本。校長教頭の意味のないたくさんの研修。電話で済まされるようなことまで一々多額の出張費を使って何100キロも離れたところに来させる。全く何も学ばなかった免許更新、職員を徹底的に疲弊させる研究公開、若者を育てるのは先輩教員のアドバイスでいい。そのためにも職員研修の時間を無くして放課後を自由な時間を作る。現状、職員同士子供の話を共有する時間さえない。昔の学校現場の話を80歳くらいの元教員に話を聞くと、放課後は工程で野球をしたり、勉強を教えたり、先輩が授業の仕方を教えたりしてたそうです。
職員の健康管理と銘打って勤務時間を一々エエクセルに記入して期日までに管理職に提出。健康診断結果も同じ。それ自体が教員を追い込む原因になっていることさえ気づかない。タイムカードを買う予算もないそうです。もう今すぐにもやめたいですが、子供が手を離れるまでは廃人のごとく過ごすしかありません。
by お名前(必須) (2017-10-02 09:08) 

tamara

管理人の無精で、自分のブログも開くことが少なくなり、コメントにも気がつかず大変失礼致しました。

現場でがんばっていらっしゃる教員の方がたには、どうか無理しないで自分を気遣って仕事をしてください、という言葉しか思いつきません。
教員の仕事がどんなに大変なものかは、現場で働いている人でないとおそらく理解できないでしょう。

今の日本で働くということは、労働時間、働く環境(物理的な環境および人間関係など)を考えると、どんな仕事もかなり厳しいものだろうと思います。(運良く、比較的楽な仕事に就いている人もいるでしょうが。)
教員の場合、一番の大変さ、悲惨さ、は「人間の子供を相手にしている」ということなのだと思います。
どんなに疲れていても手を抜けない、病気でも簡単に休めない・・これはどの仕事も同じでしょうが、人間の子供を相手にしていると、どうしても「最高の教育をしてやりたい」と教育者は思ってしまうからです。その『最高』には際限がなく、どの子にもどの子にも、来る日も来る日も『最高』の教育をしてやりたい、と思ってしまうのです。
そういう目標を持つ教育労働者に、余計な作業(無意味な会議や出張や教育委員会提出書類作りなどなど)を山のように与え、その上授業が終われば部活動をやらされ(中にはこれがやりたくて教員になった人もいますが)、分単位で時間に追われています。これでは、身体も心も壊れるのが当然でしょう!それでも「教育者として子ども達のためにがんばらなくては」という思いだけは頭の片隅にある・・。本当に悲惨な状況です。

教員が不幸せでは子供を幸せにすることは難しいです。

ただ一つ、有効な解決法は、
教員に時間的な余裕を与えること。

クラスの人数を20人、多くても30人以下にし、一日の授業の持ち時間は3〜4に抑える。同程度の時間を、授業のための準備や研究、採点や添削やまとめなどにあてる。そして最低一時間は生徒の話を聞いたり、時に遊んだり、人間としてつきあう。
学校を離れては哲学をする。(読書、芸術、何でも。。)

当然、教員の人数は倍必要になるでしょう。

こんな風になれば、先生達はもっと活き活きして、それが子供に返ってくる・・と思います。
それが未来の社会に必ず良い影響を及ぼす、と
私は思っています。



by tamara (2017-10-23 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。